この記事は約 4 分で読めます

医療用ペンライト売ってる場所はここ!瞳孔検査にも優しいペンライト

医療用ペンライトは看護師さんなど医療関係に勤めるのなら必要ですね。
研修生さんも用意しておいた方がいいでしょう。

 

瞳孔検査、鼻腔、咽喉などペンライトを使う機会は多いです。

 

なかなか売っていない医療用ペンライトが買える場所をまとめています。

医療用ペンライト売ってる場所はここです。

普通のLEDペンライトはホームセンターに売っているけど医療用となるとなかなか店舗では売ってませんよ。

 

なかなかというか、その辺の店では売ってません。家電量販店とかホームセンターとかでは売ってません。

 

病院内の購買店で売っているという人もいますが、まぁ~ないです(-_-)

 

仕入れても売れないような商品はあの小さな店内に置きませんからね。

 

じゃあ、どこに売っているの?どこで買うの?ということですが、手っ取り早いのは通販です。

 

種類もいっぱいあるし、安い。

発送も今の通販は即日発送なんて当たり前のサービスですからね。

 

通販で好きなデザイン、色、仕様のペンライトを買った方が探す手間が省けて早いと思います。

 

種類というと瞳孔計が付いた医療用ペンライトが人気ですよね。
瞳孔の開いている大きさをペンライトに表示されています。

 

瞳孔反射検査に慣れてくればあまり瞳孔計で確認することはないと思うけど、あればあったほうがいいですよね。

 

そして選ぶならLEDよりも明るくないソフトLEDがおすすめです。豆電球やハロゲン球だといざ使おとしたら球切れで使えない…なんてことも考えられます。

 

ということで、医療用ペンライトが売っている場所を下に挙げておきます。
医療系通販サイトが一番安心ですよ。

 

アンファミエ

ナースシューズや白衣など看護師や医療関係従事者の専門通販サイトです。

国内向け看護師通販売り上げ1位ということで在庫が豊富です。

 

試しに公式サイトで『ペンライト』で検索してみたら62件ヒットしました。

 

値段は1,000円弱から3,000円くらいのマグネット付きペンライトも出てきますね。

発送は注文してから1週間ほどで家に届く感じです。

 

送料は5,000円以上で全国一律290円で5,000円未満だと490円になります。

 

どんなペンライトがあるのか見てみるといいです。

 

→アンファミエ公式サイトはこちら

 

ナースリー

ナースリーも医療系専門の通販サイトです。

 

ナースリーでも『ペンライト』でどのくらいの種類があるのか検索してみたら16件ヒットしました。アンファミエよりちょっと在庫が少ないですね。

 

ただナースリーは発送が早いんです。注文後3~5日後に発送になるのでアンファミエより若干早いです。

 

送料は5,000円以上で全国一律290円、5,000円未満だと490円です。

なので急ぐのであればナースリーかな。

 

→ナースリーの公式サイトはこちら

 

Amazon、楽天、ヤフーショッピング

 

アマゾンや楽天にも検索してみるとかなりの数の医療用ペンライトがヒットします。

ただ、使うものが医療用ペンライトなので専門サイトで購入した方が安心感があると思いますが、一応どこで売っているのかということで載せておきます。

 

アマゾンをいつも利用しているならアマゾンで、楽天のポイントがあるなら楽天でと人によって理由が変わるので臨機応変に選べるように3サービス一気に載せておきます。

 

医療用ペンライトと普通のペンライトの違いは?

医療用ペンライトのことを知らない人のために説明しますが医療用ペンライトというのは、瞳孔反射など瞳孔を見る、口腔内観察のペンライトのことを指します。検眼ライトとも言いますよね。

 

ドラマでもありますよね?道路で倒れている人がどういう症状、状況なのかまぶたを指で開いてペンライトで瞳孔を確認する場面。あの状況のときに使うのが医療用ペンライトです。

 

普通のペンライトはLEDライトの場合がほとんどです。

 

LEDライトの注意書き見たことありますか?
直接目に当てないように書いてますよ。

 

医療に従事しているなら医療用ペンライトがいいでしょう。

 

医師に人気なのがこの「ルミトップ」

LEDライトで瞳孔反射検査って危険なの?

有害かどうか危険なのかどうかについては今のところ実証されていません。

 

LEDライト自体の歴史もまだ浅くて、長期期間での臨床実験の結果というのはまだまだ先になるでしょうね。

 

短期的な実験では危険ではないということでそこまで絶対に使用するな!とは言われていないのが現状です。

 

瞳孔反射や眼底検査で普通のLEDライトを使うのは有害だ!危険だ!となれば販売規制も今後考えられます。

 

現時点では普通のLEDライトでも危険ではないけれども、明らかに明るく患者さんもしばらく目が見えなくなる、しばらく白くボーっと見えてストレスになるなど苦情が出ているのも事実。

 

できれば目に優しいソフトLEDの医療用ペンライトがいいでしょうね。

患者さんがストレスにあるようなものを使っちゃだめですよ。

 

まとめ

  • 医療用ペンライトは通販で簡単に手に入る
  • 瞳孔計付きが主流
  • ソフトLEDがおすすめ
  • 普通のLEDライトは目に負担がある

 

医療用ペンライトどこで買える?どこに売ってる?と自分の足で探し回るより通販で選んだ方が早いです。

 

最近の通販ショップは発送が早いので時間短縮になりますよ。